健康お役立ち情報

運動を超える!究極の呼吸法5

★ 腹式呼吸を実践してみよう!!


それでは、「 究極の呼吸法 」 の前に、

「 腹式呼吸 」 をおさらいしておきましょう。

やり方は、カンタン!!


1.姿勢を正します ← ( 重要 )

2.鼻で、息を吸います

3.息を2秒ぐらい、止めます

4.鼻から、ゆっくり長く、息を吐き出します

5.その時、下腹をへこませます

6.お腹の空気をカラッポにして、吐ききります

7.吐ききって苦しくなったら、力を抜きます

8.すると鼻から、勝手に空気が入ってきます!

9.また息を2秒止めてから、長く鼻から吐きます

終了です。


とってもカンタンです。


鼻から吸って、鼻から吐く、

これを基本にしてみてくださいね。

鼻から息を吐くと副交感神経 (ブレーキ) に

働きかけます。


それでは、話を戻して、腹式呼吸のコツを説明します!!


1.長く吐く

2.止める

3.下腹を使う


この3つです。


とにかく意識して欲しいのは、1.長く息を吐くこと!!

息を吐くことは、自律神経の副交感神経(ブレーキ) に

大きく傾けますから、リラックスしたり、血流を良くしたり、

内臓を良い状態に戻すことができます!

吐くことだけに集中していても、息を吐ききって力を抜いた時に、

自然と空気を吸い込むことができます。

ですから、吸うことよりも、「 長く、息を吐ききる 」 ことを

意識されてくださいね!!


そして、息を吸った後に 「 止める 」 のも

忘れないでください。


これは、息を止めることで、下腹に力を入れるためです。

皆さん! 重い物を持つ時、集中する時などは、

息をピタッと止めますよね!

その時、下腹に力が入っているはずです。


それを、呼吸の中にうまく取り入れて、

「 腹式 」 呼吸をよりしやすい状態にもって行くという

ことなんです。


そして、「 お腹の下腹を動かす 」 

これも非常に大事です!!

お腹を動かさずに、肩だけで呼吸をしていると、

肺の 「 上部 」 しか使わないことになります。

でも、下腹を動かしてあげると、

横隔膜が大きく伸びたり縮んだりを繰り返します。

それにより、肺の 「 下部 」 も使いながら

呼吸をすることができるんですね。

ですから、ガス交換がうまくいき、毒素をより排出することが

できるんです。

1.長く吐く

2.止める

3.下腹を使う


以上の3つのポイント押さえて、腹式呼吸に

チャレンジしてみてくださいね。


つづく・・・・

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ