健康お役立ち情報

カビから身体を守る!健康情報2

★ カビの繁殖しやすい温度はこれ!!


家の中で見られるカビのほとんどが、温度25℃前後、湿度が80%を超えていて、

栄養分が豊富にある!!という条件を好みます。

季節的にいうと、湿度が最も高い 「 梅雨の時期 」 がそれにあたりますよね!!


でも、だからといって、冬に起こりにくいわけではありません。

多くの家庭では、部屋をしめきった状態で、暖房をガンガンつけていると思います。

すると、外と部屋の温度差が激しくなるために、窓の淵に 「 結露 」 がたくさんでき

てしまうんです。


これを放置しておくと、ドンドンそこでカビが繁殖しはじめ、

カビの胞子が部屋中にフヮ~っと散らばっていきます。

それを吸い込めば、アレルギー性鼻炎や喘息など 「 免疫の狂い 」 が

非常に起こりやすくなってしまうんですよ。

ですから、これからの冬の季節も、カビには十分注意が必要なのです


★ カビの性質は、大きく分けて2種類ある!!

では、結露にも注意して湿度を下げていれば、カビはできないのか?というと

実は恐ろしいカビも多くいます。

湿度が50%ほどでも、平気で繁殖してしまう 「 乾燥好きのカビ 」 もいるのです!!


寝室や玄関、廊下にも、カビが生えますが、それらがこの「 乾燥好きのカビ 」です。


そして、カーペット、じゅうたんに、実はこのタイプのカビが多く入り込んでいます。

そして、喘息やアレルギーの元になっているケースも非常に多いのですよ!!


しかも、そこで 「 口呼吸 」 をしていれば、

皆さんどのような健康な方でも、アレルギーになるのは当然ですよね!

ですから、今月の内容である口呼吸の改善方法とあわせて、カーペットの管理も

しっかり行っていくことがとても大切なのです。


※ ダニは、カビが大好物です!!


ちなみに、カビのタイプに、「 好乾カビ 」 と 先ほどの 「 好湿カビ 」 という

水分の状態によって、繁殖するカビの種類がわけられます。


先程の玄関やカーペットなどにできやすいカビは、「 好乾カビ 」 !!

台所やお風呂など、水気の多いところにできる黒いカビは、「 好湿カビ 」 というんです。


どの環境でも、栄養価が高いところほど、カビはできてしまうので、

お掃除は大事!ということを覚えておいてくださいね


ペットを飼っている方は、特に掃除をこまめにしましょう!!

★ 食べ物にカビができるには、理由がある!!


そして、食べ物に生えるカビについていうと、

非常に大きなポイントがあります!!

実は、食品に含まれる水分には、温度や湿度の変化でカンタンに蒸発できる


「 自由水 」 というものと、

タンパク質や炭水化物と結びついて、自由に動き回る事のできない

「 結合水 」 というものがあるんです。

そのうち、カビが利用する事ができるのは、「 自由水 」 というものだけ!!

つまり、この自由水という動き回れる水分が多い食品ほど、

カビは生えやすい!!ということなんです


もちろん、自由に動き回れる水分がすくない食品にも、カビが生える事もありますが、

そこで繁殖のできるカビは、ほとんどないと思ってください

ですから、塩分の濃い 「 佃煮 」 や、漬け込んだ 「 梅干し 」 は、

自由に動き回れる水分が少ないので、カビが生えにくいというわけですね!!


カビの生えやすい食品の見分け方として、ぜひ一つ参考にしてみてくださいね

ちなみに、おもちに生えてしまったカビを、そこだけ削って食べている方もいらっしゃいますが、

それではカビを防ぐ事はできていません!!

おもちにカビができる場合は、菌糸が内部に食い込んでしまっているので、

結局は食べてしまっている事になります。


ただ、あまり害はないのですが、やはり味や質自体は落ちていますので、

それごと捨てるか、カビが生えないように保存に注意する事が大切ですよノ´▽`)ノ

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ