健康お役立ち情報

乾燥肌対策健康情報7

★ 肌がかゆい時!!かいてはいけないのか??

結論からいうと、肌がかゆい時には 「 かいてもいい 」 です。


私はもともとはインターネットではなく、たくさんの症状を持つ数千人の方と

接してきている人間ですが、どれだけかいてボロボロの状態でも、

肌のコンディションが整うと跡形もなくキレイなお肌に戻ってくる!と断言します。


これは、私がたくさんのアトピーで苦しむ方の体質改善をこの目でみてきて

経験的に実感していることです。


( 赤ちゃんなども、もちろんそうですよ! )

ですから、かいても根本的な部分が変われば、問題はないというのが

私のスタンスです。


ただその過程で、どうしても辛くなる事はあります。


肌だけでなく、根本的衰えている 「 内臓 」 にも目を向けて温めていきますので

結果として、排泄が高まったり、炎症がさらに大きくなる事も多々あります。


でも、このとき、排泄する力が強く、炎症も強く起こる 「 肌荒れ体質 」 の方ほど、体質改善しやすい傾向があります。


逆に、どれだけ血の巡りをよくしても、内臓の副腎は衰えて、

炎症をコントロールできない…

肌の代謝そのものが悪く、長い期間クスリを使ったり、排泄する力がない…

このような方ほど、時間がものすごくかかる傾向があるんです。


それで、排泄する力が強くて、炎症も強く起こるタイプは、

体質改善しやすいながらも、好転反応による生活の維持がとても大変です。


それで私がそのような方に提案したいのが、

肌の刺激物を一度減らしてみる!ということを試してみることです。


例えば、化粧のクレンジングは100%のオリーブオイル(食用もOK)などでしてみたり、石鹸も無添加のものをつかってみる。


そして、水に関しては、やわらかい 「 軟水 」 を使って、激をできる限りすくなくしてみる、という方法です。


そして、肌の角質層(ウロコ)の状態を一度回復させます。

でも、これだけでは根本的には何もかわりませんので、

内臓と、肌の血の巡りは同時にドンドン良くしていくのですよ

すると、もちろん炎症は起こりやすいのですが、皮膚への刺激はすくない。


そして、修復しやすい状況に変わっていきます。


それで、ある程度回復してきたら、温冷シャワーなどもしっかり実践して

皮膚そのものを強化する。

そして、それでも問題がなくなったら、肌の異常が起こらないところから、

皮膚刺激を強くしていく(タオル摩擦など)、というスタイルに一歩ずつ進んでいくと

よいと思います。


これは、あくまで生活の質を維持しながら、体質改善をしていくための方法です。


私としては、皮膚がどのような状況にあっても、内臓が変わって、

皮膚の血流が上がり、汗をかける肌に変われば、

乾燥肌、敏感肌、アトピー、グチュグチュ肌も、体質改善できるというスタンスです。

カサカサ肌、シミやくすみ、イボや吹き出物など…

お肌のトラブルに関しては、多くの会員様の声からもわかるように、

本気で体質改善をしていくことができます!!


だからこそ、諦めずに、自分のできる事から一歩ずつ

進めていきましょう。

あなたの 「 プルプル肌になりました!!」 というご報告!!

楽しみにしておりますね。

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ