健康お役立ち情報

乾燥肌対策健康情報5

★ アトピー、炎症肌の方は、角質層が未成熟!!

肌に炎症が起こったり、バイ菌が入りやすくなっているときは、

角質層(ウロコ)が 「 未成熟 」 なままです。


私たちの肌は、過敏になっていたり、炎症が起こっているときには、

角質層(ウロコ)の 「 新陳代謝のサイクル 」 を急速に速めて、

保護しようとします。


でも、炎症が起こるときというのは、皮脂膜(脂のコーティング)も衰えていて、

脂のバリアを十分に分泌できない状態です。

ですから、新陳代謝で新しくできたばかりの 「 角質層(ウロコ) 」 が、

ベロンとむき出しになってしまう…


その影響で、バイ菌やアレルゲンがやってきたときに、うまく対応することができない

のです。


そして、その状態を守ろうと、さらに炎症はひどくなる・・・

この悪いサイクルが、アトピーと炎症肌の本当の原因となっているのですね!!

★ 乾燥肌も、グチュグチュ肌も同じ!!


肌の異常には、2つのタイプがありますよね!!

肌のウロコが萎縮して、水分が蒸発しやすくなる、「 カサカサ肌 」 と、

浸出液がでたり、膿が出たりする 「 グチュグチュ肌 」

大きく分けて、この2つがあります。


でもどちらの場合でも、原因は一緒です。


角質層(ウロコ)が萎縮して水分が蒸発しやすく、その後に脂の膜を作れず

コーティングできない方は 「 カサカサ肌 」

角質層(ウロコ)が萎縮して、水分蒸発しやすく、それを守るために浸出液をだしたり、

炎症を激しく起こしたりする体質が 「 グチュグチュ肌 」

このように、肌に異常が起こる原因は、「 角質層(ウロコ)が壊れている 」 という部

分で同じなのです。


違うのは、その後にどのような反応を起こしているかどうかだけです。


アトピーでアレルギー反応を起こしやすくなるのも、

角質層(ウロコ)や皮脂膜(バリア)が衰えて、ダニやホコリが皮膚から侵入しやすくな

っているために、炎症がおこりやすくなっているだけです。


ですから、肌のトラブルに関しては、まず血流をバンバン流して、

角質の萎縮を戻してあげること!!


それが何よりも大切なのですよ

内臓の状態が悪ければ、血液の質がドロドロになり、血の流れが悪いまま

いつまで経っても角質層(ウロコ)を元に戻すことができませんね。


「 お肌は内臓のかがみ 」 というように、カラダは全てつながっていて

その影響がお肌にも波及していると知っておきましょう!!


つづく・・・・

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ