健康お役立ち情報

目の老化防止健康情報2

★ 目と脳の血流をあげるには、首をゆるめる!!


私たちの 「 目 」 と 「 脳 」 へ流れる血液は、どこからくるかご存知ですね(^^)

そうです! 「 首 」 です。

今軽く 「 首全体 」 に触れると、ガチガチに硬い…

そのような方は、脳に流れる血流が極端に少ないと理解してください。


この首が硬いということは、後頭部が「 開いている 」 ということです。


後頭部が開くと、脳につながる 「 血管 」 が狭くなります。

つまり、目や脳の血流量がグッと減ってしまうのです。

そこで、この後頭部を 「 締めること 」 が非常に重要になってきます。


★ 目が疲れている人の、恐ろしい共通点

目が疲れているとき…

皆さん 「 目 」 だけに意識がいっていると思います。

そして、目薬をしたり、目の洗浄をしたりと、

「 目の手入れ 」 は目をキレイにすることだと考えている方が多いです。

でも、目の疲れているときには、

全身ではもっとスゴイことが起こっています。


それは…

「 肋骨(ろっこつ)の硬直 」

肋骨が硬くなり、呼吸が浅くなっているのです。


皆さん、目が疲れるときというのは、

本をずっと読んでいたり、デスクワークをしていたり…

車を長時間運転していたりなど…

ずっと長時間 「 同じ姿勢 」 でいることが多いはずです。


しかも疲れているので 「 姿勢 」 が悪い!!

腰がぬけて、カラダの上胸部に負担がかかっています。

こうなると、ドンドン肋骨が下に落ちながら硬くなり、

「 肺 」 が萎縮していくのです。


「 肺 」 が萎縮すると、呼吸が浅くなります。

浅い 「 胸呼吸 」 を繰り返して、カラダが疲れやすくなります。


この肋骨が硬直して、呼吸が浅いときには


「 肩甲骨 」 という肩の関節が外にひっぱられます。

そして左右それぞれから 「 首 」 もひっぱられる…

すると、「 首 」 が硬くなり始め、「 後頭部 」 が拡がります。


こうして脳への血流量が減っていき、

「 目の疲れ 」 が起こりやすくなるのです。


流れを、カンタンに説明すると…

長時間、同じ姿勢でいる

→ 「 肋骨 」 が硬くなる

→ 「 肩甲骨 」 が外へひっぱられる

→ 「 首の筋肉 」 が外へひっぱられる

→ 「 首 」 が硬く張ってくる

→ 「 後頭部 」 がひろがる

→ 目、脳の血流量がへる

→ 「 目の疲れ 」 が起こりやすくなる

このような負のサイクルに入っていきます。


そこで!! 目が疲れたときにできる対処法が・・・

「 肋骨をゆるめる 」 !!

これを実践してみてください!!

方法は 「 小豆袋 」、もしくは、レンジでチンをした 「 蒸しタオル 」 を

肋骨に当ててあげればOKです。


それは 「 肋骨の硬いところ 」 でも、

「 肋骨全体 」 を覆うようにしてもどちらでもOKですよ

とにかく肋骨の硬直による「 頭部の血流の滞り 」 を解消していきましょう!!


そうして緩めてあげると、体がとってもラクになりますよ

そして、後頭部が中心に締まってきて、「 目の血流 」 がグッとあがります!!

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ