健康お役立ち情報

内臓改善プログラム4

★ 背骨 と 内臓


私達の背骨には、受け持ちの内臓というものがあります。

背骨を上から順番に触っていって、ポコッと他の骨より飛び出ている…

少し痛みを感じる…

このような場合は、受け持ちの内臓も弱っていることが多いんです。




例えば、下を向くと首の骨がポコッと飛び出ますよね。


ここから下へ、背骨を一つずつ順に下がっていき、

7、8、9個辺りでなんか他の背骨と違うなぁ…

飛び出たり、痛みがあるなぁ…

このように感じた場合は、胃や肝臓などの消化器系が

弱っているのでは? 

そう疑って欲しいんです。


特に、帯状疱疹の痛みが一向に消えない場合は、

この7、8、9個辺りが、飛び出たり痛くなっている可能性が高いです。




「 胃 」 や 「 肝臓 」 が弱っていると、

それに関連した背骨にゆがみが起こります。

そして、その背骨を通る神経がギュ~ッと圧迫されて、

帯状疱疹(ヘルペス)を起こしているというケースも

実は多いんですね。




つまり、私が言いたいのは…

症状というものは、いろいろな角度から見ていく必要がある

ということです。

今回のケースのように、ヘルペス = 免疫力の低下

と一般的に考えられる場合も、

内臓と関係ないかな? 


肝臓が弱る → 背骨のゆがみ = ヘルペスになりやすくなる


このように、直接的に関連していないところが

実は原因だったりしないかな?


このように症状一つを、いろいろな視点から考えて欲しいという

ことなんです。



カラダというものは、全てつながっています。

今の医療は、その部分を全く無視して、

その部分しか見ていないことが多いです。


ヘルペスで神経がやられた → そのウイルスを殺す


それしか考えていません。

病院では、ならないための予防の方法は教えてくれないのです。



だから、このブログでの改善プログラムは、

首が痛いから首の健康術だけをする! というのではなく、

あらゆる健康術を、組み合わせて実践して欲しい。


そう思っています。



首がこるなら、

・ ドロドロ血液をキレイにして、つまりをとる

・ 首周辺とつながっている、内臓を回復していく(胃弱だとなりやすい)

・ 首の筋肉そのものを柔らかくしていく ( 肩こりの裏ワザ )

・ 枕を考慮して、頚椎の負担を軽くしていく


このように、一つの症状だけでも、

あらゆる視点から改善に向けて、動き出すことができますね

そして、これらを同時に実践することで、

一気に効果を出していくことが、できるんです!!



今ある症状を、どのようにして改善していけばいいか、

自分でわからなくなってしまった時には、

いつでも私にメールを下さいね

具体的にどのような状況か詳しく書いてくだされば、

方向を修正することができますからね




読んで終わりというのではなく、

私は、あなたに本気変わっていただきたいんです。

そして、痛みのない人生、毎日笑顔で過ごすことができる人生を

つかんで頂きたいと思っております。

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ