健康お役立ち情報

内臓改善プログラム2

さらに、女性で悩んでおられる方の多い、


「 骨 」 に関してもそうですね。


骨がもろくなると、多くの方は、カルシウムを摂ること

ばかりに目が向きます。

「 骨粗しょう症 」 と診断され、カルシウムの多い

牛乳を飲もう、サプリメントを摂ろうと、

ついそちらばかりに、目がいってしまいがちです。



でも、骨がもろくなるのは、根本的に 

「 腎臓 」 が弱ってしまっているために、

起こっているんですね。



骨の中には、「 骨髄(こつずい)」 といって、

血液を造るための成分が、たくさん詰っています。

でも、「 冷え 」 や 「 食べ過ぎ 」 によって

腎臓を弱わらせてしまうと、この骨髄のある空間に、

たくさんの脂肪が詰ってしまうんです。

その結果、骨の空洞の中に、悪いコレステロールがドンドン増えて、

骨の壁は薄く、もろくなってしまう…

それで、骨がスカスカになってしまうんですね。




東洋医学では、このことを 「 骨は、腎に属す 」 といいます。

「 腎臓 」 と 「 骨 」 は非常に深い関係なんですね




さらに、西洋医学的にも、「 カドミウム 」 というものが

腎臓にたまってしまって、骨がもろくなるとも言われています。

いわゆる、イタイイタイ病といわれている症状ですね。

やはり、骨と腎臓は、深い関係なんです。




このように、カラダというのは、全く関係ないと思っていても、

実は、それぞれの 「 症状 」 は 「 内臓 」 とつながっています。、




「 股関節炎 」 と 「 すい臓 」

「 痛風 」 と 「 すい臓 」

「 帯状疱疹 」 と 「 肝臓 」



このように、一見関係なさそうな症状でも、

「 内臓 」 と深く関連して、症状をおこしているんですね。



ですから、内臓を守っていくことが、病気の予防であり、

体質改善につながるんです



このようなことは、ただ病院へ行っているだけでは、

私達は知ることができません。

お医者様の言われたとおりにするしか、今の私達にはできないんです。



でも、内臓と症状の関係をしっかり把握していれば、

自分のカラダを、自分で守っていくことができるんです。

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ