Q&A

ルテイン不足は眼病の一要因。

外界からの光を受けとめるレンズの働きをしている水晶体、
その真後ろ、網膜の中心部に位置する黄斑部は、
視覚機能にとってきわめて重要な役割を果たしています。
これら部分にはカロテノイドのうち、
ルテイン(Lutein) ・ゼアキサンチン
しか存在していません。
ルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンが、光による酸化ダメージから
水晶体と黄斑部を守っているのです。
ルテイン不足は眼病の一要因

では、

もしも水晶体と黄斑部にルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンが不足したらどうなるでしょうか?

水晶体においては白内障

黄斑部においては加齢黄斑変性症(AMD)といった

眼疾患リスクにつながることが実証されています。

白内障や加齢黄斑変性症(AMD)は、加齢にともなって現れる疾患とみなされてきましたが、

最近 では若い世代の間でも起こりうる疾患となってきています。


現代人の生活環境、すなわち、

栄養の偏った食生活、

光の曝露量の拡大、

ストレス

などによって、年齢を問わずに眼疾患リスクが高まってきていると言えるのです。

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ