健康お役立ち情報

身体の中毒情報3

★ タバコの誤食が、小児の命を落とす!!


タバコといえば 「 煙 」 ばかりが注目されますが、

実は 「 誤食 」 による事故がものすごく多いんです。

「 タバコ 」 には、ニコチンという成分が含まれていますが、

致死量は、大人で40~60mg。

お子さんで10~20mgといわれています。


10~20mgというと、タバコ約1 本分。

このニコチンの量で、赤ちゃんは死んでしまうのです。

タバコを誤って食べてしまってから30分~4時間ぐらいで、

中毒症状は発症します。


嘔吐や下痢、めまい、顔面蒼白など…

ひどい場合には、痙攣(けいれん) や、昏睡状態に

陥ってしまいます。


タバコの吸がらによる 「 浸出液 」 を飲んでしまった場合には、

「 15分以内 」 にこのような症状が起こってしまいます。

小児の誤食事故の中で、一番多いのが 「 タバコの事故死 」 ですので、

タバコの保管位置や、吸いがらの放置など、十分に気をつけましょう!


★ 赤ちゃんのアスピリンの誤飲に注意しよう


医療の発達とともに、「 クスリ 」 が各家庭に普及しています。

解熱剤、鎮痛財、消炎剤など…

様々なクスリに 「 アスピリン 」 というものが使われていますが、

小児の誤飲による事故が多発しています。


人間がアスピリンを摂取することで 「 中毒症状 」 がおこる量は、

● 150mg/kg~ 軽度の中毒

● 240mg/kg~ 重度の中毒

● 480mg以上~ 死に至ることもある

このように、クスリの誤飲によって、

中毒症状につながることもあります。


クスリなどを保管する場合には、十分にお子さんの手の届かない場所に

保管するように心がけることが大事です。

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ