健康お役立ち情報

快適睡眠健康情報5

★ 内臓の負担を軽くすればするほど、短時間に深く眠れる!!


睡眠というものは、私たちの内臓を休めるために、とても大切になってきます

睡眠中は、代謝もゆっくりですし、内臓のうごきも最小限でかまわない…

だからこそ、カラダを回復させるチャンスなのです!!


でも、寝る前に食事をとったり、脂ものを大量に取ってしまうと、その唯一休める時間

に、消化や栄養を吸収するため内臓は働かせなければなりません。


すると、全身の力を抜いて熟睡したくても、内臓を休める事ができない…

そして、なかなか深い眠りに入っていくことができないのです。


ですから、熟睡するためには、寝る3時間前は、食べ物を口に入れない!

これが、基本になります。



ただ、仕事の関係で、どうしても食事が寝る3時間前以内になってしまう…

そのような方は、消化の負担がかかりにくい、炭水化物や野菜を中心とした食事をされるようにしてみてくださいね。


同じ食材でも、消化のしやすい炭水化物と、消化のしにくい脂肪分では、胃に残っている時間が、数時間単位で違ってきます。


寝る時間と消化の関係を意識するだけで、内臓の回復も、睡眠の質も大きく違ってきますよ。


★ 眠れないときは、思い切って照明を明るくしてみよう!!


ずっと暗い部屋で寝ていても、ずっと目がさえたまま…

しかも布団の中で、つい色んなことを考えてしまって、いつまでも眠りにつくことができない…


このような状態で毎晩悩んでおられる方もおおいですね!!

そのような時には、部屋を一度出て、

照明の思いっきり明るい部屋に移動してみるといいですよ。

一見、明るい部屋だと、目がさえてしまう… と不安になるかもしれません。


でも、暗い部屋でも目がさえているときこそ、この逆の法則を活用してみてください。

よく警察官が、犯人を自白させる時に、目にライトを直接当てたりしますよね!

これは、目の瞳孔をうまく活用して、精神的に落ち着かせるためなのです。


私たちが興奮をしている時は、目の瞳孔が大きく開いています。

これは、自律神経の交感神経(エンジン)という、興奮をしたり、活動をしたりするため

の神経に大きく傾いているためです。


そしてそれは、自白しないぞ!!と興奮している犯人も同じこと!!

自白をするものか!と闘志をむき出しにしているために、交感神経(エンジン)に大きく傾いています。

でもそこで、自律神経をリラックスモード(副交感神経)に傾けて、

精神的に落ち着いてもらうために、目に直接ライトを当てます!! ( 皆さんはやらなくていいですよ!)


すると、瞳孔の開きが小さくなって、興奮状態がおさまってくる…

そして、自白しやすい精神状態に変えていくことができるということなのです。

私たちも、やはり興奮していて眠れない時は、

暗い環境と合い重なって、目の瞳孔が大きく開いています。


ですから、この状態で一生懸命寝ようと思っても、

カラダがブレーキをかけて熟睡どころか、入眠すらできない…

そういう状態に陥ってしまうんですね。


だから、1時間、2時間とあまりにも眠れない時には、一度寝室を出て、

照明の明かりを強くした部屋で少しリラックスされてみてください!

すると、瞳孔がうまく自律神経のバランスを調節してくれて、

ス~ッと睡眠に入りやすい状態に戻っていきますよ(-^口^-)

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ