健康お役立ち情報

紫外線よりも怖いブルーライト(青色光)


ブルーライト




人の眼で見える光の波長(可視光線)の中で

380nm~495nmの青色の光を放つブルーライト(青色光)。


人体に悪影響を及ぼすことで知られている紫外線と波長が非常

に近く、

可視光線の中で最も強いエネルギーを発しています。


そのため、眼の角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達し、

網膜の機能低下を引き起こすと言われています。



近年、

ブルーライトそのものを発光する青色LEDが開発され、

さらにこれまでの光源に比べて青色成分の含まれる割合が高い

白色LEDが普及したことで、

パソコン、薄型テレビ、スマートフォンなどのディスプレイにも使われ、

私たちの目がブルーライトに接触する頻度が急増しています。


PCを使った作業やテレビ鑑賞、ゲーム、モバイル操作の時など、

あらゆる場面で私たちの眼は

角膜、水晶体、網膜までブルーライトを浴び続けているのです。




あなたもスマートフォンに変えてから、

目が疲れ易くなっていませんか?。゜(p´ロ`q)゜。

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ