健康お役立ち情報

お尻で診る健康状態のチェック方法


前回お伝えした様に、お尻と言うのは、身体の状態を

あらわす重要な場所で有る事が理解できたと思います。


そこで、お尻を診る時の簡単なチェックポイントをお伝えします。


●お尻の形→ガッシリしている程、体力も有り、呼吸器も強い。

●お尻の肉付き→体力が有れば引き締まり、体力のない方はしぼんでいる。

●お尻の弾力→お尻の周りを触って、弾力があるほど体力もある。

●お尻の肌触り→ザラザラしている方は、呼吸がひどく弱っている。

●お尻の吹き出物→ブツブツがあれば、呼吸器が弱って排泄がよくない。

●お尻の色→お尻の色が黒ずんでいると、肺、心臓が弱っている。


この様に、お尻一つで、あらゆる身体の状態を、ご自分で簡単に読み取る事ができますね(*゜▽゜*)


お風呂に入る時にご自分のお尻をチェックしてみて下さい。




それでは老廃物の排泄を高める健康方法をお伝えします。



この方法で肺や心臓の負担を軽くして、お尻の状態を改善していく事ができます。


●ひざ立ちをします。

●少しお尻を、後ろに突き出して、胸はまっすぐにします。

●両方の「手のひら」を上にしたまま、親指以外の「四本の指」をしっかり交差させます。

●その状態から、左右両方の四本の指を折り曲げます。

●その手を組んだ状態で、肘をまっすぐ伸ばしたまま、下から上へ上げていきます。

●そして、一番上までいったら、肘を折り曲げて首の後ろに手を持っていきます。
※手のひら側が、頭と首の付け根に触れる感じです。」

●そこから、胸の真ん中にあるタテの骨を引き延ばすように胸を張ります。
※この状態で、肩甲骨と肩甲骨がギュっと真ん中によって力が背骨に集まっているはずです

●胸を張りながら、肩甲骨の内側にギュっと力が集まった状態で、右ひじは少し下げて、左ひじを少し上げます。

●今度は逆に、左ひじを上げて、右ひじを下げます。
※イメージとしては、左右の肩甲骨で背骨のふちをこすり合わせる感じです。

背骨の周りで硬くなっているところを

ゴシゴシ掃除するように肩甲骨を左右それぞれ逆方向に動かす事です。

●何回か繰り返したら、手を真上に上げて、そのまま下へゆっくり下げて、元の状態に戻ります。


 これで終了です。簡単でしょう(^◇^)v



これはやってみれば分かるように、

「肩こり、首こりがある方」・「脇の下のリンパ節が張っている方」・「背中がガチガチに硬直している方」

この様な状態の皆さんは、かなり辛いですけれども、少しだけ辛抱したら、すごく気持ちの良い健康法なんです。

肩甲骨が外に拡がり過ぎている状態から、内側に戻していく。



そして、肺や心臓の負担を軽くする事で

お尻の状態をキレイにしていく健康法です。

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ