健康お役立ち情報

寝起きスッキリプログラム5

★ セロトニンが、どうして目覚めを良くするの?

それでは、セロトニンを理解していただくために、

カンタンに目覚めのメカニズムをお話していきますよ。

皆さんはお布団の中で、寝ているイメージをしてみてください。

1.寝てます ( セロトニン → ほとんど出ていません )

2.朝が近づき、日光がまぶたに当たります 

3.その日光に反応して、セロトニンが少し出はじめます 

4.少し出たセロトニンが、自律神経に働きかけます。

5.自律神経が、ゆっくりエンジンをかけ始め、起きる準備をします。

6.起きる準備が整うと、目を覚まします

7.目を覚ますと、さらにセロトニンが出てきて、頭がギンギンにさえてきます。

カンタンに言うと、こういうメカニズムです。

シンプルですよね。

つまり、セロトニンというのは、

「 目覚めのきっかけ 」 をつくっているんです。

朝が近づき、日光が出はじめたなぁ… というのを敏感に感じ取って、

自律神経を活動モードに少しずつ移行させているんですね。


いきなり活動モードに切り替えてしまうと、

全身の筋肉に血液がめぐっていなかったり、

内臓に十分な血液が行き渡っていませんから、カラダに支障がでてしまいます。

そうならないように、なるべく身体に負担がかけず、

ゆるやかに活動モードに切り替えているのが、

「 セロトニン 」 というものなんです。


だから、セロトニンが出ていない状態で

目覚ましが、リリリリリ~!! と鳴ってしまうと、

自律神経は眠ったまま… カラダは起きる準備が整っていないので、

突然ビックリしてしまいます!!

そして、もちろんその状態では

手に力も入らないし、頭もボ~っとしている…

身体は、リラックスモードの副交感神経(ブレーキ)に

大きく傾いている状態なので、活動が全くできないわけです。

なのに、そこで無理やり起きようとするので、

いつも皆さん目覚めが悪いんですよ。

目覚めを良くしていくためには、

このセロトニンを、毎日起きる時間の少し前に、

増やしていけるかどうかが、鍵になってきます。


「 自律神経をコントロールする力 」 とは、

この 「 セロトニンが正常に出てくる力 」 のことを言うんですね。

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ