健康お役立ち情報

内臓時計1

内臓時計、ってご存知ですか?

今回は、内臓時計を応用して、内臓の回復を測っていくことについて。

見えにくいカラダのサインを見つけていきましょう。

まずは、その内臓時計について書きますね。


★「内臓時計」


1時~3時   : 「 肝臓 」

3時~5時   : 「 気管支・呼吸器・肺 」

5時~7時   : 「 大腸 」

7時~9時   : 「 胃 」

9時~11時  : 「 消火器・循環器 」

11時~13時 : 「 心臓 」

13時~15時 : 「 小腸 」

15時~17時 : 「 膀胱 」

17時~19時 : 「 腎臓 」

19時~21時 : 「 心臓・循環器 」

21時~23時 : 「 リンパ液・胃液・汗・だ液… 」

23時~1時  : 「 胆のう 」


大まかに、わかりやすく書くと、このようになっています。

これらの時間に不調が出やすいという場合は、受け持ちの内臓が

弱っているサインであることが多いんですね。


例えば、喘息です。

喘息は、水毒が原因であることが多いのですが、

この水分過多によって気管支を冷やし、血管を細くしてしまって起こるんです。


特に、夜中から朝方にかけて咳き込む方も、多いと思います。

これは、夜中から朝方の時間に少しでも血管を拡げて、

「 毒素 」 や 「 水分 」 を出そうとしている

カラダの治癒反応なんです。

でも、やっぱり苦しいから抑えてしまう… 

毒や水分が外に出て行かず、長い期間、喘息の体質改善ができない方が

本当に多いんです。

ですから、この時間にうまく毒を出す。

そして、内臓をさらに温めたりして、内臓を回復させる。

これができれば、早く体質改善をすることができます。

次回に続きます。

コメントする

名前

URL

コメント

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ