Q&A

ルテインはPC等の目の疲れにもよいのですか?

ルテインは光に強い。

ルテイン(Lutein)は、光そのものを遮る役割があります。

また、光の一部が細胞に達してしまい、

細胞が光による酸化ダメージを受ける危険性が 生じた場合でも、

抗酸化作用によってこれを防止します。

すなわち、ルテイン(Lutein)は

遮光および抗酸化によって、

「光防御における二重ブロック」 を行っています。

しかしながら、

ルテイン(Lutein)の光防御はこれだけにとどまりません。

ルテイン(Lutein)は

青い光を吸収するという性質を 持っています。

ルテインとは、どの様な物ですか?

ルテインは健康に役立つ成分として注目されています。

ルテイン(Lutein)とは

強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一で、

ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

人間 の体内器官や皮膚にも存在し、

乳房や子宮頚部に多く存在することが知られています。

特に眼の水晶体と黄斑部に存在する

主要なカロテノイドはルテイン (Lutein)とゼアキサンチンであるため、

これらの部位が正常に機能するために重要な働きを果たしています。


ルテイン不足は眼病の一要因。

外界からの光を受けとめるレンズの働きをしている水晶体、
その真後ろ、網膜の中心部に位置する黄斑部は、
視覚機能にとってきわめて重要な役割を果たしています。
これら部分にはカロテノイドのうち、
ルテイン(Lutein) ・ゼアキサンチン
しか存在していません。
ルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンが、光による酸化ダメージから
水晶体と黄斑部を守っているのです。
ルテイン不足は眼病の一要因

では、

もしも水晶体と黄斑部にルテイン(Lutein)・ゼアキサンチンが不足したらどうなるでしょうか?

水晶体においては白内障

黄斑部においては加齢黄斑変性症(AMD)といった

眼疾患リスクにつながることが実証されています。

白内障や加齢黄斑変性症(AMD)は、加齢にともなって現れる疾患とみなされてきましたが、

最近 では若い世代の間でも起こりうる疾患となってきています。


現代人の生活環境、すなわち、

栄養の偏った食生活、

光の曝露量の拡大、

ストレス

などによって、年齢を問わずに眼疾患リスクが高まってきていると言えるのです。

ルテインの摂取量は?

食生活に気をつけ、

加齢性の病気から眼を守りましょう。


一日のルテイン(Lutein)摂取量は6mgが望ましいとされています。

眼病予防に必要なルテインの1日の摂取量は

10mg以上が望ましいです。

採用情報

求人募集中です!!

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

店休日は土日・祝祭日です。

店長日記

ご来店いただきまして、ありがとうございます!
本当に価値のあるサプリメントを皆様にお届けできるよう
頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

Q&A

目の病気

健康お役立ち情報

野菜にいいね!

QR

ページトップへ